« April 2004 | Main | June 2004 »

May 2004

2004.05.31

ダイエット作戦

hospital2.jpg
この病院ともあと2日だね

のんのんの退院が間近になったこの週末、パパは社員旅行で金沢へ。和倉温泉の加賀谷でリフレッシュ!お天気には恵まれなかったものの、贅沢な社員旅行を満喫した様子。(良かったね!)お土産は市場で買った青海苔(美味!)や珍味。あと空港で買った「月よみ山路」(栗ようかん)。甘さ控えめで栗がたくさん入ってるから、客室乗務員のお気に入りお土産NO1!久しぶりに食べたけど、変わらぬ美味しさでした。(^^)

そしてもうひとつ、私の楽しみは、パパが持ってかえってきてくれる機内誌。その中に気になる記事「高原リゾートで断食の巻」を発見!
「ファスティングアリーナ蓼科http://www.fastingarina.com/」は日本で初めてのホテル形式の断食専用施設だそうです。体験した記者は5泊6日で体重がなんと5キロ減!ですって!!
なんでも体に入ってくるものを最低限に抑えることで、貯めこんできた脂肪や毒素の排出を促進するという現代的な断食(ファスティング)。そうして体をリセットするそうです。(やってみたい!!)

最近ダイエットを決意した私には興味津々な記事。(笑)しかも今月からペット(犬のみ)と一緒に宿泊できるプラン(ペット1泊1000円)もあるというからピッタリ!
いつも、のんのんばっかりにダイエットさせて、自分達の事は棚に上げてたからな・・・反省(汗)
宿泊費はちょっとお高めだけど、パパとのんのんと一緒に夏休みに挑戦しようかな。・・・!ちょっと本気です。(爆)

2004.05.28

リハビリ開始・・・歩いた!

28may2004_001.jpg
ササミもらってご満悦♪

2回目の手術からも1週間が経ち、リハビリ開始の時期です。
ですが、のんのんは、なかなかリハビリに積極的にならないみたいで、先生達を困らせているようでした。(わがまま娘で申し訳ありません・・・(汗))
それなのに、今日面会のときは一生懸命自力で立ち上がって、そして(ヨタヨタ倒れそうだったけど)転ばずにママの足元まで歩いてこれました!(その距離ほんの2メートルくらいでしたけど・・・)私にとってはまるで「アルプスの少女ハイジ」に出てくる「クララが歩くシーン」のように感動的でした!歩き終わると、足は震えちゃってましたが、我慢してリハビリしないと歩けないものね。頑張って欲しいです。

差し入れは(いつもの愛用おもちゃ達はちょっとくたびれてるから)、昨日新しく買った「parrot」のおもちゃにしました。以前同じシリーズの「牛さん」をボロボロになるまで愛用してたのできっと気に入ってくれたでしょう。
おやつはササミに予定変更。初めは期待してなかったから、「え、何?」って表情してましたが、すぐにいつもの「チョウダイ♪」のキラキラした目になって可笑しかったです。おやつもらって幸せそうな顔になってました。嬉しかったです。

退院まではあと5日。もうすぐ。待ち遠しいです。

2004.05.26

手術後ファッション計画

24may2004_007.jpg
両腕の中身

「関節リウマチ」は関節の中の滑膜細胞が悪役となって痛みをおこしたり、関節が壊れていく病気です。のんのんの前足の手術は、①まずその原因となっている関節をとりまく関節包と滑膜細胞を取除く②肩甲骨と上腕骨の接合部(関節軟骨)を切除(接合部を平らにして合体させている)③そして、骨にそって金属のプレートを入れ、融合処置としてインプラント(ピンとボルト)で固定しています。レントゲンから、左にはピン2本とボルト12本、右にはピン2本とボルト9本が確認できました。(固定する角度などによってボルトの数は変わるそうです。)

ということで、前足の肩関節にはもう悪役の滑膜細胞がないので、関節リウマチはおこりません。削った骨の痛みが無くなって、固定した関節に慣れれば、ほぼ普通に戻れるそうです。ただ今後手首の関節などにも発症する恐れがあるそうです。(ヒェ~・・涙) 

もっと心配なのは、後ろ足。手術直前までステロイドを飲んでいたので、痛みは劇的に改善されていましたが、副作用があるため特に手術後は使えないのです。だから、薬が切れて・・・今もしかしたら後ろ足も激痛なのかも・・・。(涙)手術した前足が回復するまで(少なくとも2ヶ月)は後ろ足は手術できないし、どうなっちゃうのでしょう?? 
今後も漢方薬(緑イ貝)だけらしいし・・・。のんのんの戦いは長期戦になりそうです。

退院してから、毛が生えるまでは半そでの洋服を着せてあげないとだけど、暑い季節だからねぇ・・いっそのこと隠さずに「遠山の金さん」風のサクラ吹雪でも描いちゃったほうが傷が目立たないかな?!(笑)刺青に縫い傷・・・おぉっ、こわっ!(笑)

2004.05.24

手術完了・・その後

24may2004_001.jpg
激痛に耐えて・・・この笑顔!

両腕手術後、初めての面会。担当の先生からも状況を伺うことが出来ました。どうやら、この週末に40度近くの高熱が出て、苦しんだそうです。(涙) はっきりした原因は不明ですが、「おそらく激痛のためでしょう・・」との事。のんのんは、ふつうの子が痛み止めでつかう「リマダイル」という非ステロイド薬が体に合わないので、緑イ貝が成分の漢方薬を処方してもらってるようですが、面会中も足が震えていて、激痛は治まってないのだろうと推測できました。一緒に居て体をさすってあげることも出来ず、励ますことも出来ず、ただ少しだけ抱っこしてあげる事しか出来ないのがやりきれなくて、辛かったです。
左腕の傷には、もう絆創膏はなく、金属のホチキスみたいな留め具がたくさんついてました。まもなく抜糸できるそうです。首下から上半身は殆ど丸刈りで、予想通りの状態になってました。(笑)
パパが心配していた「足の長さが短くなってしまったの?」という質問を、恥ずかしげもなく聞いてみたら、「ええ。多少は・・・。ただ5ミリくらいのレベルですから本人も気にしないでしょう」と。(苦笑)
それより気になったのは、肩を固定したので足を「ハの字」に開いていること。個人差はあるが、もしかしたらそのままになってしまうかもと・・・。(涙) ほんとにちゃんと歩けるのでしょうか・・・。不憫で・・不憫で・・・言葉に詰まってしまいました。
だけど、のんのんは大人しく、終始笑顔で愛おしかったです。一日も早く痛みが治まることを祈りつつ、病院を後にしました。
今週金曜にまた面会に行くつもりです。おやつやおもちゃのお許しがあったので、大好物のチーズとお気に入りのおもちゃを差し入れしてあげようと思います。

2004.05.21

パパの誕生日なのに

machiaishitsu.jpg
はやく遊びたいよ!

今日はパパの誕生日。なのに、のんのんはいません。
なのでママとふたりで久しぶりに、戸越にあるパスタ&ピザのおいしい「HANAKO」というカフェに食事に行きました。ここは、基本的に夜しか営業してないので、のんのんがいるとお散歩があるので、なかなか行けないお店なんです。「白のピッツァ」がお勧め。

19日に、のんのんは右のほうの肩の手術が無事終了。関節の具合は左肩のほうが重症だったようです。病院からは執刀の助教授先生から直々に、手術前に「これから始めます」、後に「無事終了しました」とTELをいただきました。その後、電話がない、ということは経過は順調、ということなので、まずは一安心です。でもあと10日間ほどは入院していなくてはいけないので、まだまだ寂しい日が続きます。

平日しか面会ができないので、パパは面会にもなかなか行けません。診察はともかく、面会ぐらいは土日でも受け付けるようにしてもらいたいものです。

あ、あと、のんのんの治療費捻出のため、パパの誕生日プレゼントは「無し」になりました。(涙)だからのの子、頑張れよ!(byののぱぱ)

2004.05.18

連れて逃げてよ~♪(演歌風)

18MAY.jpg
手術後6日。絆創膏の下に生々しい傷跡が・・・。

会いたい衝動にはやはり勝てず・・・面会に行っちゃいました!
面会時間は平日午後2時~4時に限られていて、パパは仕事で一緒に行けないので「ずるい~!」と悔しがってました。午後3時に面会予約をとり、(せっかく実家近くなので)義妹の美保ちゃんを誘って医療センターへ。担当の先生はちょうど手術に入っていて経過は聞けませんでしたが、すぐに入院室へと案内されました。

のんのん、つまらなそうな「気の抜けた」顔してじっとしてました。「のんちゃん☆」って声かけたら慌てて寄ってきて、写真を撮ろうとしても私の方に必死で向かってくるのです。すごく寂しかったんだよね・・・ごめんね。
(他の入院犬の「クウィーン、クウィーン・・」って鳴き声のBGMで悲しさ倍増!)

剃られた腕はまだ地肌丸出しで、絆創膏がなんとも情けない感じにくっついてました。(涙) のんのんは普段ケージで排泄しないので心配でしたが、(必要に迫られて)ちゃんと出来てるみたいです。食欲もあるし、経過は順調の様子。(よかった!)
しばらく抱っこして(そのまま何時間でも一緒に居たかったけど)ゆっくりケージに返しました。のんのんは「連れて帰ってよ~!!」と哀願するような目をしました。(でも見ない・・見ない・・・)後ろ髪を強く引かれる思いで入院室を後にしました。

明日、予定通り右腕の手術です。
「関節削ちゃって、短い足が更に短くなっちゃうってこと?」ってパパは真剣に心配してたけど、どうなんでしょうね・・・。(笑)

2004.05.16

ジュニアスィート!?

sweetroom.jpg
広いけど殺風景。早く帰りたいよ~。

のんのんが入院してからはじめての週末です。
以前、「膵炎」で入院したときは、息も絶え絶えで、ぐったりした状態で預けたので、心配で心配で仕方がなかったのですが、今回は、原因もわかっていますし手術も成功ということなので、その分、心配は少ないです。でも、あんなに小さな体なのに、のんのんがいないと、家がやけに広く、がら~んと感じてしまいます。ママがさびしさを紛らすためと、邪魔をするやつがいないので、家中を掃除&整頓しまくったので、なおさらです。

上の写真が、のんのんが入院しているジュニアスウィートのケージ。日本獣医大医療センターの入院費は体重で決まっていて、9kgまでが最低料金で、9kgを超えると¥1,000/日もUPしてしまいます。のんのんは初診の日には8.75kgだったのですが、手術日を待つ間に薬の効果もあって超元気&超食欲増進で、家の体重計では9.1kgになってしまっていたのです。私たちは内心、「ああ、仕方がないなあ」とけちなことを考えていたのですが、そこは大学病院、太っ腹!手続きを早く済ますためか、書類がすでに準備されていて、体重欄にはしっかり「9kg未満」と記入済み!改めての体重測定もなしで、のんのんは、しっかり軽い体重のまま入院していきました!やっぱり女の子の体重は少し軽めに書かなきゃね!先生、気を使ってくれてありがとう!(笑)

ケージも広いし、綺麗だし、入院室には担当の獣医さん(学生?)もついてくれているようだったので、安心なのですが・・・。「ちゃんと眠れてるかなあ」「う○ちはちゃんとできてるかなあ」と、夫婦の話題はのんのんのことばかり。まだもう1回手術もしなくちゃいけないし、退院まではまだまだなのですが、早く帰ってきてもらいたいパパ&ママなのでした。

2004.05.14

サイボーグのんのん

L-side.jpg
手術後2日・・・痛々しい!(涙)

今朝、手術後の説明を伺いに病院に行ってきました。診察室に入ると、既に手術後のレントゲン写真がありました。
金属のプレートを留めるボルトが12本とピンが2本入ってました(涙) 予想以上に痛々しかったです。
のんのんは結局、「股関節形成不全」ではなく、4本足ともに「免疫介在性疾患」であることが判明しました。コーギーには多いそうです。股関節の変形だけみるとふつう「股関節形成不全」って診断ですものね。やはり専門家でないと分からない判断だったのでしょう。専門の先生に診ていただいて(直前の所見変更にびっくりしたけど)ホントにラッキーでした。

最後に面会をお願いして、入院部屋に行きました。動物医療センターは昨年6月に新しい施設になったそうで、どこも新しくきれいで気持ちが良いです。のんのんのケージも大型犬サイズで広々。ジュニアスイートって感じかな(笑) (長期滞在だもの。良かったね。)
まだ、立てないのに私達を見たら無理して起き上がってきた!剃られた腕が(超美白のお肌だった(笑))・・・頑張ったことを物語ってました。表情は心なしか気弱な感じ。長居すると涙こぼれちゃいそうだったので、携帯で急いで写真とって(笑)短時間でお別れしました。(ヒュンヒュン泣き声が背中にささったけど・・・我慢我慢・・・)

来週水曜日に同じ手術を右肩にするそうです。
両腕が金属で補強されて・・・バイオニックジェミー(知ってますか?)みたいにパワーアップしちゃったらどうする?と、くだらない事を話しながらパパと帰途についたのでした。(爆笑)

2004.05.12

えっ?肩関節手術?

arthritis.jpg
股関節より肩が悪いんですか?先生!

今日は股関節手術当日。覚悟を決めて日本獣医畜産大学へ行った。そんなに混んではいないのに、やけに待ち時間が長い。1時間程待って診察室へ。今日は実習生の前座はなく、すぐに助教授の診察だった。(良かった!)前回からの経過を話し、一応足の状態を確認したところ・・・、後肢はあまり痛がらないのに、前肢は悲鳴を上げて(鼻に皺よせて)痛がったのです!
「前回と様子が違いますね・・・」と先生も戸惑い顔。「これは肩関節手術を優先させた方がいいですね」と!
え~!!びっくり~!!股関節が重症で、肩関節もやや緩いので今後注意が必要・・・って所見だったのに!

そういえば、昨秋にビッコをひいたのは確かに前足だった。ただ、レントゲンでは股関節の方が重症のように見えたからてっきり股関節を手術すればなんとかなるかも・・・という期待感はあった。
ガ~ン!!心の準備が出来てないまま、同意書にサインしてのんのんは入院してしまいました。(涙)

その後の検査で免疫介在性疾患でリウマチみたいな可能性が高いらしいことが判明しましたが、やはり肩関節固定手術をするそうです。
今頃、左肩の手術してるんだろうな・・・。来週、右肩の手術。更に2週間入院して、6月上旬に退院予定です。
突然の手術内容変更に混乱するばかりでした。即決で良かったのだろうか・・・と今更ながら思ってます。(涙)


2004.05.10

かわいい子には旅・・なんだけど

hospital.jpg
こんなに元気なのに!ホントに入院?!

いよいよ、のんのんの入院が近づいてきた。8日の土曜日には午前中にまずトリミングできれいさっぱり!そして午後にはかかりつけの病院で血液検査。いままでで一番良好な結果。心配していたステロイドの影響も出ていないみたい。入院に必要なペットシーツも1パック購入したし、当日の朝の絶食だけ忘れなければこれで準備OK。
早くても3週間・・・しばしのお別れ。こんなに離れたことないから私達の方が分離不安に陥りそうです。

そういえば近所のお宅の番犬チコちゃんが2ヶ月前に病死しちゃって、玄関前の犬小屋がポツリと取り残されて悲しげだったけど・・・(やっぱりご家族は耐えられなかったのね)・・・つい先日4ヶ月になるコーギーのBabyを連れているのを発見!!(のんのんを見て、耳をペタっとして全力で走ってきた!かわいい~。鼻筋の通ったなかなかの美人さんでした。)今はちょっと分かるな・・・その気持ち。

どうする、のんのん?帰ってきたら、のんのんの代わりにBabyコーギーが居たりして! パパ&ママがのんのんのいない寂しさを紛らわすためにBabyコーギーを溺愛しちゃってたら・・・!?  なんて不謹慎な事まで考えちゃったりして・・・イケマセンね。(笑)

ホントに旅に出すような心境だけど・・・痛くて苦しいのは一時だし、将来の事を考えたらこれが一番いい選択だと信じるしかないですね。 入院まであと2日。寂しい~。でも、湿っぽくならないように当日は「ロッキーのテーマ」で送り出してあげましょう!!(笑)

2004.05.07

我、想う・・・imagine

imagine.jpg
Love and Peace!  

私(ママ)の現在の仕事は研修講師。昔とった杵柄で接遇研修やビジネスマナー研修をしている。(現役時代の後半は訓練センターで教官をしてて、お恥ずかしながら・・・他企業や大学での講義経験も!(笑))

でも最近は「美しい立ち居振舞い」の講義での「歩き方」「座り方」「物の拾い方」は「愛犬との正しいウォーキング」「カフェでの美しい座り方」「美しいウ○チの拾い方(笑)」などに化けたりしてお気楽なもの。(いつも、犬のことばっかり考えてるからね。仕方ないのよ(爆笑))

のんびりペースで仕事してきた一番の収穫は、のんのんと一緒の時間が増えた事。写真なんか殆どなかったし、一緒にお出かけすることもなかった。随分生活は変化した。
でも、やっぱり私は専業主婦が駄目みたい。(笑) 家事は好きだけど、他に仕事がないと生き生き出来ないタイプ。そんな私に最近大きなイベント研修の仕事が入って(長期出張も含めて)急に忙しくなってきた。(ちょっと嬉しい!!) 

私がまたバリバリ仕事する生活をImagine!のんのんとのこのSweetな生活はしばらくお預けかな・・・。
いやいや・・・家庭内Love and Peaceを誓いますよ!!


2004.05.05

自然に魅せられて

taki.jpg
やっぱり自然はいいね!

那須で自然に囲まれて幸せな気分を味わった私達は、GW後半はガーデニングに専念することにした。(単純!)
新緑の季節、ガーデニングには最適の時期だもの。
がんばらなくっちゃ!

2年前、ガーデニング初心者の私達は、殺風景なバルコニーにまずお花屋さんを呼んで植木(トネリコ、ブルーベリー、枝垂れ桜、枝垂れ梅、ハナミズキ)を置いてもらい、それから春と秋にお花の植え替えまでお願いしていた。
昨秋から見よう見まねで始めたガーデニング・・・肥料不足で今年の桜と梅の花つきが悪くなってしまった失敗を挽回すべく挑戦!
グリーンのある生活ってやっぱり優雅な感じ。
ベゴニア、ランタナ、ペチュニア、インパチェンスなどの花達に加えて、のんのん好物のトマト、キュウリ、それにナスや唐辛子などの野菜も仲間に加わった。

歳を重ねてくると花鳥風月の順に心動かされるそうで・・・その最初の段階に入ったのかしら・・・ガーデニング楽しくなっちゃった!
はまっちゃいそうです。
野菜ちゃんと実るかな?のんのんに食べさせてあげるためだもの、気合入れて育てます!
(のんのんが唐辛子を盗み食いしないかもちょっと心配・・・(笑))

2004.05.02

ママのおかげで那須旅行!

GW2004shitsugen.jpg
沼原湿原にて。木道を歩いてきたよ!水中にはオオサンショウウオの卵があったよ!

GW直前のママの頑張りで那須旅行に行ってきました!
パパのお休みが取れたので、4/30-5/1なら道もすいてるかも!?とインターネットを駆使して見つけました!犬OKの貸し別荘(ロッジ)です。犬連れOKのレストランやカフェ、それからのんのんにはお留守番をしてもらって出かける日帰り入浴可の温泉まで、ぜーんぶネットでママが調べてくれました。感謝!

予想通り、というか内心覚悟していた渋滞もほとんどなく、レストランなどは予想外にすいていたし、1泊2日でしたが、のんびりくつろいできました。のんのんも、別荘地の散歩だけでなく、乙女の滝や沼原湿原を散策してリフレッシュ!GW明けには足の手術で入院の予定ですが「ほんとに手術しなくちゃいけないの?」というぐらいに、楽しそうに歩く姿を見せてくれました。

今回利用したロッジは、「犬と暮らす別荘」を謳った別荘地にあって、ほとんどのお宅が犬を飼っている様子で、「犬と一緒が当たり前」的な空気が心地よいです。別荘地内にドッグラン(建設中?)もあって、愛犬家にとってはとても魅力的。なによりも那須は、犬を連れて食事ができそうなテラスのあるカフェやレストランがたくさんあって、何度来ても楽しめそうな印象でした。のんのんを連れて、また行きたいです。

« April 2004 | Main | June 2004 »

My Photo
December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ